ブログトップ

TGDL (Think Globally, Drink Locally)

tgdl.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 4 )

The KABUKI-ZA Theatre

c0220845_1714255.jpg


もう十数年以上、朝の通勤で前を通っているものの、一度も中には入ったことのない東銀座にある歌舞伎座。

昨年の夏に建て替え計画の概要が正式に発表されていますが、いよいよ今月4月末、あと4日(4月27日現在)で現在の建物は休館となり、2013年春には新しい歌舞伎座として完成します。

「新しい歌舞伎座は、ビルの中に入るらしい。。。」という聞きかじりの噂で、「日本は古い建物をいつも容赦なく壊してビルにしてしまうが、いかがなものか?」と思う一方、「まあ銀座の土地で空間を有効活用しようとするのは仕方ないか。。」などとも思っていました。

年が明けてからこの4月まで、現在の歌舞伎座の思い出をとどめようと、毎日大勢の日本人、外国人が歌舞伎座の前で撮影をしています。僕もその一人で、通勤や仕事の途中で前を通る度にできるだけ画像を録るようにしていました。

ところが、調べてみると、今回の建て替えでは、現存の建物の外観を残しつつ、建物の後方部分にビルを建設し、いわばビルの地上部分に(改築された)現歌舞伎座が「はかま」のようにくっついている構造になるということがわかりました。来場客の導線にもバリアフリーやエスカレーターが導入され、その大半を占める高齢の方にも優しい環境になるようです。

東銀座駅との直結工事などもあり、しばらくは騒がしい通勤風景になりますが、100%ソリッドなビルディングでなく、古き良き伝統を残した「歌舞伎座」の風景が続くとのこと、なんだか妙に納得、そしてほっとしたのでした。
[PR]
by terry007jp | 2010-04-27 17:49

Crazy Intersection

c0220845_1936479.jpg

東京に住む日本人にはお馴染みの渋谷、通称「スクランブル交差点」ですが、近年、海外からの外国人ツーリストからは、"Crazy intersection" などとも呼ばれ、隠れた人気観光スポットになっています。

確かに、実際に交差点を渡りながら、あらためて周りを見てみると、雑踏の中からデジカメを頭上にかざし、「潜望鏡」スタイルで撮影しながら交差点を渡る外国人の方々が多く見られました。。

この交差点が海外で人気になったのは、ソフィア・コッポラ監督の東京を舞台にした映画、「ロスト・イン・トランスレーション/ Lost In Translation」(2003:米)に登場したことがきっかけになっています。

信号以外には特に交通整理等の指示が無いのに、多い時には何百人という人々がぶつかることなく、四方から一斉に交差点を渡りきるさまが、海外の人には驚きであるようです。これも相手の出方を見て、自分の行動を考えるという日本人の「和の精神」が成せる技なのでしょうか?

また、イギリスではこの交差点をモデルに、ロンドン繁華街の中心オックスフォード・サーカスの交差点においてスクランブル式が導入されることが今年4月に発表され、今月2日に完成しました。

さて、個人主義の国、イギリスにおいても、このスクランブル方式がうまくいくのかどうか、「お足並み」を拝見したいと思います。
[PR]
by terry007jp | 2009-11-30 20:22

Sunnyday in the Park


c0220845_1659882.jpg













広島市内にある、平和記念公園を散歩しました。
園内には、全国から届けられた折鶴やメッセージが供えられています。

c0220845_16584945.jpg














原爆死没者慰霊碑には、ちょっと読みにくかったのですが、
「安らかに眠ってください 過ちは繰返しませんから ... 」
の碑文が刻まれています。

後で知りましたが、右翼関係者などにより,この碑は何度か傷つけられ、
一部が欠けてしまっていたようです。

さらに現地の新聞で知りましたが、僕がここへ来る12時間前の深夜にも、
碑の前で右翼関係者によるなんらかの事件があったようでした。


暖かな秋晴れのこの日、広い公園のなかを
日本人、外国人の老若男女がいろんな思いで、歩いては、立ち止まり、
そして、遠い空を眺めていました。

僕も、その一人でした。


c0220845_16592742.jpg
[PR]
by terry007jp | 2009-10-27 17:12

鞆の浦港に行ってきました。

c0220845_17354086.jpg












週末に広島に行く機会があり、
「崖の上のポニョ」の舞台モデルになったことで
一躍人気観光地になりながらも、
埋め立て架橋問題で揺れ動いている「鞆の浦港」へ行ってみました。

今月(10月)の初めに、その「歴史的景観には公益性がある」として
埋め立て工事を見直す方向の判決が出され、
それに対して宮崎駿氏もコメントしたことから
単なる地域問題から、アニメファンやお茶の間までをオーディエンスに
その動向が注目されています。

c0220845_9581592.jpg





















瀬戸内海を望む静かな港で、路地を一歩入ると風情のある家並みがあり、
自分が港町で育ったこともあってか、
個人的にはここが埋め立て等で様変わりするのは
やはりもったいないなと思ってしまいます。

c0220845_9515894.jpg












しかしながら、実際に通りを歩いてみると、
狭い車道は人と車がすれすれで、
昼の時間帯なのに車が詰まっていて、
ポニョ人気がそれに拍車をかけ、
住民の方々も悩みどころであると思います。

何を残して、何を変えていくか。。。
必要十分な時間をかけて選択していかなければならない
問題であると思います。

c0220845_1001425.jpg
[PR]
by terry007jp | 2009-10-20 17:47